コンテンツへスキップ
ホーム » 緑の野菜の白和え

緑の野菜の白和え

【材料】4人分程度

・いんげん 30g(4,5本)
・枝豆   30g(40個くらい)
・ブロッコリー 20g(4房)
      など、お好きな野菜
・soyAi   80g
・甜菜糖  5g(小さじ1)
・塩糀   5g(小さじ1)
・練りごま 15g(大さじ1)

【作り方】

  1. 野菜は塩茹でや蒸して、少々の塩をかけておく。今回はブロッコリーや洗って房と茎に分けて、フライパンに茎を並べ、100mlの水を入れたら強火にかけて、残りのブロッコリーの房といんげんも一緒に入れて、蓋をして2分30秒加熱する。枝豆は冷凍枝豆を使用。
  2. ボウルにsoyAi、甜菜糖、塩糀、練りごまをホイッパーなどで合わせる。
  3. 2に野菜を入れて和える。または器に野菜を盛り付けてから、2を野菜の上にかける。

【ポイント】
 緑と白のコントラストが美しい白和えです。soyAiならば水切りをせずにすぐに使えるので、お手軽で、タンパク質や食物繊維、ビタミン類など、お大豆の栄養を丸ごと摂取できるので一石二鳥ですね。

 塩糀を活用することで、白がきれいに出ますし、発酵食材を摂りいれることができますね。主食のお米や塩糀の米糀にはリジンというアミノ酸が不足しています。豆類にはリジンが含まれているので不足分を補ってくれるので、ご飯の副菜におすすめの一品。

枝豆やブロッコリー、インゲンには食物繊維が豊富で、お大豆の食物繊維と塩糀の菌ちゃんたちと共に整腸作用を高めてくれますね。

または衣のみを作って、茹でたほうれん草の上に乗せるのも、とても上品で美味しくいただけます♡

赤ちゃんからご高齢の方まで、やさしい甘さの和え衣で野菜も食べやすくなるので、ぜひご家族皆さんで、お召し上がりください。

離乳食用には枝豆やインゲンなど、のどに詰まらせることもありますので、細かく刻むなどして誤嚥のないようにしていただけたらと思います。

Chinese (Simplified)EnglishFrenchJapaneseKorean