コンテンツへスキップ
ホーム » シャキッともちふわのれんこん饅頭            ~温まるきのこ餡を掛けて~

シャキッともちふわのれんこん饅頭            ~温まるきのこ餡を掛けて~

肌寒くなってきた今日この頃。きのこ餡を掛けていただくれんこん饅頭は優しさ溢れる一品です。

【材料】4個分(2人分)

・れんこん(皮付き)150g(粗みじん50g、すりおろし100g→水切り後70g)

・soyAi     80g

・塩糀     3g(小さじ1/2)

・片栗粉    20g(大さじ2強)

・えのき     50g(1/4袋)

・ぶなしめじ  30g(1/4袋)

・精進出汁   150g

(今回は昆布と干し椎茸を1ℓの水に真昆布15g、香伸椎茸15g(2、3個)の水出し使用)

・本みりん   18g(大さじ1)

・酒      15g(大さじ1)

・薄口醤油   10g(大さじ1/2強)

・塩      少々(必要であれば)

・生姜のおろし汁 小さじ1/2(2g)

・片栗粉     小さじ2(小さじ2の水で溶いておく)

・あさつきや細ネギ 1、2本分

【作り方】

1.れんこんは皮ごと使用し、50g分は粗みじんに切り、100gはすりおろして軽く水気を切る。

 ボウルに1とsoyAiを入れて、塩糀、片栗粉を加えてよく混ぜ合わせる。

2.4等分に分けて丸めたら、ラップにくるみ、600wで1分30秒加熱する。

3.フライパンを熱してごま油をひき、3を並べてきつね色になるまで焼く。

4.えのきは3、4㎝の長さに切り、ぶなしめじはほぐし、あさつきは小口切りにする。

5.鍋に5を入れて酒、本みりんを入れてアルコールを飛ばしたら、精進出汁を加えて煮る。

6.仕上げに薄口醤油を加えて味をととのえたら、生姜のおろし汁と水溶き片栗粉を加えて一煮立ちさせて

  とろみをつける。

7.4のれんこん饅頭を皿に盛り付け、6のあんかけをかけ、あさつきを散らす。  

ポイント!

れんこんを粗みじん切りとすりおろしとに分けることで、食感のよいれんこん饅頭にしました。

れんこんの主成分は糖質ですが、ビタミンCは100g中48g含まれ、みかんが100g中35gと比較しても、

ビタミンC量が多いことがお分かりになるかと思います。また、抗酸化作用のあるポリフェノール類

(皮は実の2倍!)も含まれ、花粉症の緩和や動脈硬化予防にも繋がります。

さらに、胃腸を保護したり、栄養素の吸収を緩やかにする水溶性食物繊維の一つムチレージや、カリウム、

カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛なども含まれています。

soyAiを加えてたんぱく質の補給、まろやかさとほのかな甘みに、塩糀を加えて優しい塩味、旨味につなげ

ました。れんこん饅頭にすることによって、お子様からご高齢の方まで食べやすい一皿です。

作る過程では、形をきれいにするために、一度ラップにくるんでチン!することもポイントです。

肌寒くなってきた今日この頃。ぜひ体を温めてあげてくださいね。

Chinese (Simplified)EnglishFrenchJapaneseKorean