コンテンツへスキップ
ホーム » フレッシュトマトの米粉ニョッキ

フレッシュトマトの米粉ニョッキ

[材料]2人分

〈ニョッキ〉

・じゃがいも   100g

・soyAi          40g

・米粉      50g

・片栗粉     30g

・塩糀      4g(小さじ1)

・オリーブオイル 10g

〈フレッシュトマトソース〉

・トマト     360g(2個)

・にんにく    3g(小さじ1)

・塩糀       6g(小さじ1)

・オリーブオイル  大さじ4

・塩胡椒         少々

  お好みでヴィーガンチーズやパセリなど  少々

・昆布      3㎠角

・塩       小さじ1/2

・水       1ℓ程度

【作り方】

1.じゃがいもは半分程度に切って、よく蒸したら熱いうちに潰して、soyAi、米粉、片栗粉、塩糀、オリーブ

  オイルを加えてよく捏ねる。(よく濡らしたペーパーで包み、ラップをして電子レンジ500w5分加熱可)

2.1でじゃがいもを蒸した蒸し器に、再度4等分くらいにして10分ほど蒸す。(電子レンジ500w2分加熱可)

  (食感が良くなるポイント!!)

  ※レンジ調理の際は置いた場所やレンジの性質、使う容器などによってムラがあるので、ご注意ください。

3.板に片栗粉を広げ、2を乗せたら棒状にして端から親指大くらい(1つ約6g)に切り、フォークの腹に押し付

  けて、手前から奥に転がすようにして取る。

4.トマトは2㎝角程度の角切りにし、ニンニクは薄くスライスする。

5.フライパンにEXVオリーブオイル大さじ1とニンニクを入れ、弱めの中火でじっくり加熱をして香りを出した

  ら、トマトを入れて強火で4、5分、トマトの形が少し残る程度に加熱する。

6.ニョッキを、湯と塩、昆布をいれた鍋で、2分ほど茹でる。(若干浮いてくるくらい。)

7.5に湯を切った6を入れてニョッキがほんのり赤みがつく程度に加熱したら皿に盛り付け、EXVオリーブオイ

  ル大さじ3、胡椒、お好みでチーズを振って完成!

【ポイント】

じゃがいものビタミンC含有量は芋類の中でも最も多く、ビタミンCはほうれん草やミカンとほぼ同量。りんごの5倍含まれています。でんぷんに守られているので、加熱しても壊れにくい特徴があります。またカリウムも豊富で、塩分や老廃物の排出を助けてくれます。

水っぽくしないためにも、ビタミンCやカリウムを効果的に摂取するために、より効果的に摂取するためにも、最初はじゃがいもを蒸すことをおすすめしてます!

今回のニョッキは小麦粉を使用しておらず、米粉のみだとダレやすく、食感もイマイチに。よりもちっと感を出すために加えたのが、片栗粉。またすべての材料を捏ね合わせてから一度蒸すことで、さらにしっかりとしたもちっと感に繋がります。

ソースは簡単にフレッシュトマトとニンニク、塩麹と塩、オリーブオイル!トマトの酸味とsoyAi入りのニョッキのまろやかさがマッチするニョッキです。

またニョッキを茹でる際に、ニョッキに塩糀を加えているので、塩分を控えた湯で茹でます。昆布を入れることでミネラルと旨味をニョッキにプラス。さらにソースで甘みのある白味噌を加えれば、減塩効果もあります。足らない分は最後の塩と胡椒、チーズで調整を。ちなみに我が家のヴィーガン粉チーズは酒粕とアーモンドプードルで作った粉チーズです。

こちらを参照まで!

【材料】作りやすい分量
酒粕        50g

アーモンドプードル 50g

オリーブオイル   10g(大さじ1)

塩         小さじ1

【作り方】

1.100℃のオーブンを予熱しておく。

2.ジップロックなどの袋に酒粕、アーモンドプードルの材料を入れてムラがなくなるまでよくもんで、

  混ぜ合わせ、最後に袋の中で一塊にしておく。

3.クッキングシートに、2を出して乗せたら、上から大きめのラップをかけて、1〜2ミリの厚さになるように、

  綿棒でのして広げ、ラップをはずす。

4.100℃のオーブンで10〜15分焼いて取り出し、フォークでフレーク状にする。再度オーブンに戻し入れ 

  て、さらに15~20分、水分が飛んでサラサラになるまで焼き、保存容器に入れる。冷凍保存がおすすめ。

Chinese (Simplified)EnglishFrenchJapaneseKorean