コンテンツへスキップ
ホーム » アップルコブラー

アップルコブラー

コブラーは主に英国やアメリカで食べられている焼き菓子で、果物、ナッツ類を使用し、
クッキークランブルを合わせたり、パイを重ねたりしてオーブンで焼いたものです?

【材料】2人分程度

<大豆とアーモンドのシュトロイゼル>

・アーモンドプードル    10g

・ソイペースト         10g

・薄力粉                 5g

・きび砂糖              5g

<大豆ソース>

水                    30g

・ソイペースト       20g

・きび砂糖              8g

・りんご         160g(1/2個)

・シナモン             適量

【作り方】

1.大豆とアーモンドのシュトロイゼルをつくる。

ボウルにきび砂糖とsoyAiを入れてよくすり合わせたら、アーモンドプードル、薄力粉を加えひとまとまりになるまで練り合わせる。

2.大豆ソースをつくる。

ボールにきび砂糖とsoyAiを入れ、すり合わせ、水を少しずつ加え、都度しっかりと混ぜのばす。

3.1のシュトロイゼルを適度な大きさにちぎり、かるくまるめ、180℃のオーブンで15分ほど焼く。

4.りんごを皮ごと乱切りにし、グラタン皿に入れ、2のソース、3のシュトロイゼルをのせ、シナモンをふり、180℃のオーブンで25分ほど焼く。

【ポイント】

シュトロイゼルを先に空焼きしておくとカリッとした生地になります。

りんごのカット、シュトロイゼルの大きさで火の入り方が変わり、焼き上がりに食感の変化を楽しめます。ソイペーストは先に砂糖とよくすり混ぜることで他の材料とも混ざりやすくなります。

シナモンの他、バニラ、抹茶、チョコレート、ドライフルーツ等お好みで楽しめます。


プロフィールはこちら

学校法人 東京観光専門学校
カフェサービス学科 学科長 山本 佳成

https://www.tit.ac.jp/department/cafe/patissier.html

 桜美林大学国際学部卒業。フランス企業パティスリー部門にてキャリアをスタート。都内パティスリー勤務を経て、レコールバンタンにて製菓アシスタント講師、八王子うかい亭パティシエを勤め、現在は学校法人東京観光学校のカフェサービス学科にて、製菓、カフェフード、デザートの実習をはじめ、メニュー開発や店舗経営などの教育を行う。


Chinese (Simplified)EnglishFrenchJapaneseKorean