コンテンツへスキップ
ホーム » 枝豆ソイ

枝豆ソイ

親子共演の枝豆ソイ。冷凍枝豆を使えばとっても簡単ですね。
離乳食初期のお子様には、お出汁や野菜だしなどでのばすと食べやすくなります。

【材料】

枝豆(可食部のみ) 40g

soyAi        40g

※同割です。

※離乳食初期~中期のお子様 昆布出汁や野菜だしなど 40g

<大人用> 

〇盛り付け時

塩  少々

胡椒 少々

EXVオリーブオイルやえごま油など  適宜

バゲットやクラッカー 適宜

【作り方】

1.耐熱容器に枝豆の可食部を入れ、ラップや蓋をしたら電子レンジ500wで1分ほど加熱する。

2.1とsoyAiを入れて、ブレンダーにかける。

3.盛り付ける。

  大人用はディップとして、塩胡椒、オイルなどをかけて、バゲットやクラッカーなどに添えて食べる。

【ポイント】

枝豆が成長すると大豆に。親子共演の一皿です。

枝豆のたんぱく質は、100g中11.5g。卵が12.2gだと思うと、とても優良なたんぱく質源ですね。

また糖質代謝などに欠かせないビタミンB2は野菜の中でグリンピースに次いで2位。鉄分はパセリ、小松菜に次いで3位。その他ビタミンB1、ビタミンCなどのビタミン類や、カルシウム、カリウムなどの栄養素も多く含まれるタンパク質源となる豆類とお野菜の栄養の両方のよいところをもったお野菜です。

枝豆好きなお子さんも多いので、ご家族で一緒にお楽しみください♪

ただし、大豆ではありますので、初めて大豆や枝豆を試される方は大豆アレルギーにご注意しつつ、1匙などごく少量から始めることをおすすめしています。

離乳食のお子様用には、多めに作って製氷機などに入れて冷凍庫で1カ月ほど保存可能です。

食べる際に、初期のお子様にはべジブロスや昆布だしで、中期のお子様には出汁、味噌汁の上澄みでのばしてから、後期のお子様には味噌汁で溶いてポタージュ状にしてあげると食べやすくなります。

Chinese (Simplified)EnglishFrenchJapaneseKorean