コンテンツへスキップ
ホーム » SDGs

SDGs

soyAi事業 環境ビジョン

株式会社インターキューブは、気候変動他の環境問題の影響や世界的なビーガントレンドから、将来的には動物性たん白質の供給が減少し、植物由来のたん白質が台頭してくることを見据えて、2021年5月にsoyAi事業部を立ち上げました。

  • soyAi(ソイアイ)事業…丸ごと皮付き大豆を加工する事により、フードロスを無くし、大豆の皮に含まれる栄養分を含んだ大豆加工中間原料の製造・販売及び大豆加工中間原料を使用した加工食品の企画、製造、販売

soyAi事業では、栄養を多く含んだ中間材料とビーガン認定を受けた「大豆」をベースとして開発したソイペース“SoyAi”をペースト状にすることで、離乳食・介護食・防災食として各方面から高い評価を受け、大きな市場可能性を持っています。

また、このsoyAi事業を展開することは、フードロス、栄養価の高い製品で栄養失調を無くし、気候変動、森林・海洋汚染の保護、食糧問題、健康問題他、人類共通の目標である、SDGsの各GOALを推進することであることを確信し、各パートナーと連携して事業を拡大してまいります。

更に、soyAi事業部門において、“環境マネジメントシステム”を構築し、認証(ISO14001)を維持することで、この「soyAi事業 環境ビジョン」を力強く推進していきます。

soyAi事業 環境方針

  • soyAi事業を営むにあたって、資源の効率化、汚染の予防、環境の保護及び環境影響の継続的な改善に取り組みます。
  • soyAi事業に係る環境関連法規制等を遵守します。
  • 本方針を実現するために環境目標とその達成計画設定し、関係者全員で推進します。
  • 本方針は、当社のホームページに公開し、SDGsの成果と共に環境目標の達成状況を報告していきます。

制定:2022年8月1日

株式会社 インターキューブ

代表取締役 丸山 文久

Chinese (Simplified)EnglishFrenchJapaneseKorean